>  > 風俗オプション最後の放尿プレイを実践

風俗オプション最後の放尿プレイを実践

これまで色んなオプションメニューを試してきた私ですが唯一試したことのない禁断のメニューである放尿プレイだけ残っていたので、今回いよいよその禁断のプレイを試す時がやってきました。当然放尿ともなると生理現象である以上準備に一番時間がかかるオプションメニューであるのは明らかで、実際風俗に電話で予約を入れた際には大体一時間くらい待ったでしょうか。そして今回そのプレイを引き受けてくれたのはお気に入りの風俗嬢の一人であるJさんで、早速彼女がホテルの部屋に着くなりなんだか凄くモジモジした雰囲気を漂わせていて少し申し訳ない気持ちで一杯に。とりあえずまずは急いで服を脱いで彼女と一緒に浴室へと移動。後はそのままJさんがしゃがんで放尿するのは待つだけ。数分時間をかけてようやく出てきたおしっこは想像以上に勢いよく出てきたから見ているだけで快感でしたね。勿論気持ちいいのはJさん本人なのですが。十分放尿を終えた後はシャワーで床を綺麗にして、残った時間はJさんと一緒にいつも通りのプレイで楽しみました。

まさかの風俗嬢がおなら

車で一緒にホテルまで向かいます。この風俗嬢のように可愛い子だとやっぱり楽しくなりますね。すっごくムラムラしてしまいます。車の運転をしている時にチンポが勃起してしまうのでフライング気味というか、我慢汁出ているので少しアウトですね。この状態で責められてしまうともうめちゃくちゃ興奮してしまいます。でも興奮してしまうのは良いとして、この車の中での沈黙というのはかなり気まずいものです。そして気まずい空気を引き裂いたのはある音でした。バビビ!という音。これは明らかにおならです。でも私はしていません。え?この可愛い風俗嬢がおなら?!しかもそこそこ大きな音のおならをしている。でもおならに触れないのも可哀想なので「今おならした?」と聞いてみるとすっごく恥ずかしそうな顔をしてうつむいたまま頷きました。すっごく驚きましたし、この顔を真っ赤にしている姿をみるとすっごく愛おしく感じてしまいました。こんなに可愛い照れ方をするなんて反則です。プレイ中もおならのことで責めていると恥ずかしがっていました。

[ 2016-01-01 ]

カテゴリ: 風俗体験談